1.ほぐす 骨盤矯正×トレーニング 4つの原則

The following two tabs change content below.
国家資格 柔道整復師免許を持ち、整骨院に13年勤務。のべ3万人の治療を経験する。その中でも、骨盤の治療に一貫してこだわり、結果の出る骨盤矯正トレーニングが女性に評判になる。テレビやラジオ出演、本の出版も経験し、現在は骨盤の専門家育成、プロスポーツ選手や女性モデルの治療、 骨盤で人の相性や性格が分かる!恋する♡骨盤レッスンを全国で開催している。

今回、当院が一番力を入れている、骨盤矯正×トレーニングを行う上で基本となる、4つの原則のうち、1.ほぐすについて、動画とブログで熱く語ります!どういう考えで骨盤矯正×トレーニングをしているのか?それが分かる内容になっています。

 

90秒の動画で説明しているので、パパっと要約だけ知りたい方は、下記動画をクリックしてみてください。

 

骨盤矯正×トレーニングの4つの原則とは?

 

骨盤矯正×トレーニングの4つの原則と書いていますが、これは骨盤矯正×トレーニングだけに関わらず、治療をする際の原則にもなります。

 

私はこの原則を、今までに働いてきた整骨院の先生たちや、神奈川の石井完厚先生などに学び、独自に進化させてきました。

 

4つの原則とは、

 

1.ほぐす

2.整える

3.キープする

4.動かす

 

で構成されています。

 

今日はその中の、1ほぐすについて話していきます。

 

1.ほぐす、モビリティーファーストという考え方

 

世の中にはいろんなテクニックや治療法がありますが、ハッキリ言ってなんでも良いです。

 

ただ、原則はあるので、それに沿っていれば良いと思っています。

 

骨盤矯正の場合、最初にほぐします!ただ、ほぐすにも、マッサージやストレッチ、電気療法、温熱療法、体操、運動、筋膜ストレッチ、ロルフィング、エステ、〇〇式マッサージ、〇〇式〇〇法など、ありとあらゆるものがあります。

 

そのどれかを選択し、まずは、ほぐすことが大事なのですが、原則に沿ってブレていなければ、どれを選択しても大丈夫です。なぜ、それを使うのかが分かっていれば、大丈夫だと私は思います。

 

なぜ、最初にほぐすのかというと、ほぐすことにより関節や骨などを少しのちからで動かすことが出来るようになり、4つの原則の2番の整えるの土台が出来ます。

 

これを、モビリティーファースト(関節可動域=柔らかくなる)と呼びます。

 

ほぐさなないで、2番の整えるに行くと矯正が強烈になります。(関節や骨がほぐれていないとキレイに矯正できない)ですので、身体に優しく刺激を与えるためにも1.ほぐす(モビリティーを優先する)のが大事なのです。

 

産後の骨盤矯正は、ほぐすが必要がないことが多い

 

産後の骨盤に関して言うと、出産で骨盤まわりの靭帯や筋肉がほぐれている(良い意味で壊れている)ので、4つの原則のうち、1.ほぐすが必要がないことが多く、そのまま2.整えるを行うことも多々あります。

 

ですので、産後は4つの原則のうち、1つをすっとばせることが多いので、身体を良い状態にするのに最適な時期なのです。

 

産後の骨盤矯正に最適な時期は?というブログがあるので、読んでみて下さい。

 

次回は4つの原則のうち、2の整えるについてお話しますね。

 

2.整えるの記事はこちら

電話予約はこちら

↓クリック↓
092-292-1691

平日・土曜
9時~13時/15時30分~20時
木曜
9時~13時

吉原
「お電話ありがとうございます、よしはら整骨院、吉原がお受けします。」と応答しますので・・

患者様
「ホームページをみたのですが、予約をお願いします。」とお答えください。

■ お名前(フルネーム)
■ ご予約の日時
■ 連絡のつく電話番号
■ 一番気になるお身体の症状・状態

以上をお伺いさせて頂きます。
あなたのご来院をお待ちしております。

 

LINE予約はこちら

 

無料プレゼント

↓クリック↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

国家資格 柔道整復師免許を持ち、整骨院に13年勤務。のべ3万人の治療を経験する。その中でも、骨盤の治療に一貫してこだわり、結果の出る骨盤矯正トレーニングが女性に評判になる。テレビやラジオ出演、本の出版も経験し、現在は骨盤の専門家育成、プロスポーツ選手や女性モデルの治療、 骨盤で人の相性や性格が分かる!恋する♡骨盤レッスンを全国で開催している。